仕事やり方ウォッチ!〜小学校教諭〜

☆小学校教諭

授業や生活指導を通じて、子供たちの個性を伸ばし、助け合うこと、夢を描くことの大切さを教え「生きる力」を育む
☆こんな人にぴったり
なんといっても子供が大好きな人。子供たちの目線で物事を考え、その一人ひとりに分け隔てなく注意を払う気配りができる人。また、子供たちの元気に負けない体力も必要だ。

☆こんな仕事
学習や生活指導からPTA活動まで仕事内容は幅広い。
後、私立の小学校で満6歳から12歳の児童の学習や生活を指導する職業。基本的には国語や社会、算数などの教科を1人で教えるが、最近では音楽、体育など専門職教員を置く小学校も増えている。また授業以外にも生活指導や学校行事の上、PTAや地域社会との協力活動など、仕事の幅が広い。
初めて本格的な教育を受ける児童にとっては、大きな支えであり、指導者でもあるわけだ。
☆将来は神なる
生徒数の減少で高まる競争率
仕事のやりがいはもちろんだが、安定した収入が得られる職業としても人気が高く、採用試験の倍率は6倍から8倍程度と年々高くなっている。しかし、少子化の進行で生徒数が減少、小学校教員の採用数も減る傾向にある。将来は今以上の難関になると予測されているが、養護教諭や海外の日本人学校の小学校教諭を目指すと言う道も開かれている。

☆なるためのポイントオールラウンドの学力を小学校教諭になるには、大学や短大等の小学校教諭教員養成課程に進み、教職専門と強化専門の科目を学ぶ必要がある。特に強化専門が科目は、小学校で教える9教科すべての専門単位を取得しなければならないので、オールラウンドの学力が求められる。

☆採用試験実技科目対策

教員採用試験の実技試験科目は都道府県によって異なるが、水泳.機械体操.音楽は必須となる場合が多い。最低でも平泳ぎがクロールで25メートルは泳げること、また機械体操の基礎技術、ピアノやオルガンでの簡単な曲の演奏ぐらいはマスターしておきたい。

☆待遇、勤務条件
収入は? 給与は、国家公務員に準じて1号|から36号大までの範囲で決められる。短大卒では山ごぼうの173,600円、大卒で午後5-193,800円からスタートする。毎年1ごぼうずつ小休止、10年後には296,900円になる。これに教職調整額と手当が支給される。また年産回、期末勤務手当ボーナスが支給される。

休暇は? 労働基準法で定められたもののほか、土曜日が休日となる教師の休日として認められるのはしご日程度で、それ以外は研修に充てるよう指導されている。

職場は? 効率の場合は採用された都道府県が法令指定都市の範囲で勤務地が指定される。移動は、同一勤務が長くなりすぎた場合や承認等に伴って行われる。また、採用日以外での勤務を希望する場合は、採用試験を改めて受験しなければならない。

結婚しても続けられる? 小学校教員の全体の6割は女性によって占められている。その理由としては女性向きの仕事であること、女性の志望者が多いこと、そして育児休業等の勤務制度がしっかりしていることが挙げられる。そのような仕事環境だけに、多くの女性教諭が結婚後も教壇に立っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です