英語新時代「大学入試から変わる、小学校も激変する!」②

(前回の復習より)

小学英語が、小学3・4年生が週に1コマ、小学5・6年生は週に2コマ。

今までの小学5・6年生で年間35コマだったのが、来年度から50コマ。

そして、2020年度からは70コマになります。そうです、2倍に増えるんです!

「コマ数の増加に対応するため、総合学習の時間(70コマ)を

15コマまで外国語活動に振り替えてもよい」とする。

ただし、これでも足りないんですよ・・・。

本当に足りない・・・、と嘆く先生たち。

 

 

今回は、

そんな先生たちの悩みを解消するために、文部科学省が提案した

2番目の方策を、今回紹介します。

 

それは、週2回の英語のうち、1コマ分45分間を、分けて配置する

名付けて「モジュール帯」。

 

聞きなれない言葉「モジュール」とは、「部分」を意味します。

 

具体的には・・・、

45分間を3つに均等割りにして15分間を3つ。

この15分間を、朝活動や昼休み後に回します。

 

例えば、月曜日の朝に15分間、火曜日の朝に15分間、木曜日の朝に15分間。

そして、金曜日に「英語授業」。

 

こうすることで、

金曜日の「英語授業」は、たっぷりと聞き取り(リスニング)と会話(スピーキング)

他の3つの「モジュール帯」で、読み(リーディング)や書き(ライティング)をする。

 

これで、小学生の新しい「朝英語」が誕生する・・・と予想されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です